fc2ブログ

藤代お客様邸完了

お疲れ様でございます。

リピーターのお客様で3度目の塗装工事となりまして感謝しかありません。

勿論出来る限りの施工を行わせて頂きました。









前回の塗料がフッ素だったので今回も外壁はフッ素塗料となりました。

12年前後での作業のせいか、とても光沢が残っていた為に、下塗り作業は非常に重要な施工となります。



上部の外壁はALCパネルに※リシン仕上げをしており骨材の塗装は透明のシーラーでは骨材の尖り等で特に溶剤の塗料は色の付きが非常に悪く透けてしまうのでサーフ等の顔料あり伸縮性の塗料を使用する事が多く、

とても光沢が残っている場合、剥がれる原因となるので顔料なしの密着力に優れた下塗り材を使用することで塗料の不具合となる原因の一つを防いでいきます。

よって上塗り工程を一つ増やして4回塗りで仕上がりました。

※骨材(細かく砕いた石や砂)に樹脂やセメント、着色剤等を混ぜたものを吹き付けた施工







雨樋・軒天は純粋な黒(ブラック)で仕上げております。

最近の傾向から、軒天なども今では濃彩色が多く使われており、建物の形状やデザインに合わせればエレガントさも出て来ると思いますし汚れも目立たなくなるので良いと思います。



FRP防水のトップコート仕上げは色付けだけの内容ですので小間違えなく。

こちらも長持ちしていただく為に4回塗りで仕上げました。









屋根の詳細は後で細かく書き込みたいと思いますが下塗り顔料ありの4回塗りで仕上げました。


今回もとても勉強になりました、ありがとうございます。

また、お声をかけて頂けるように日々、精進していきたいと思います。




では。
スポンサーサイト



龍ケ崎市集合住宅完了

お疲れ様でございます。

秋雨前線の影響なのか‥雨が連日降り、作業も中断となる状況が続きます。

毎年のことですが‥頭を抱える季節です‥

さて、龍ケ崎市アパート外壁塗装工事の完了写真をアップしたいと思います。











4年位前にホームページから御依頼を頂いたお客様から、アパートの塗装工事も出来ないかとお話を受けてお仕事をいただきました。
また、声をかけて頂き素直に嬉しく思います。

集合住宅は一般宅よりも率直に大きい為、平米数(㎡)も倍‥建物により更に倍となるケースもあり、塗料の選択にも悩む事であります。

インターネットに対する印象やお客様のニーズを常に考え、

工事内容は慎重に丁寧な作業を心がけてのハイクオリティ施工、且つ、全体的に、なるべくリーズナブルに纏め上げるプランをイメージしてお見積りから施工まで請けたまっております。





















貯水タンク下、鉄部塗装・各鉄部とクーラーホース巻き・ガス管は感謝を込めてサービスさせて頂きました。





ガルバリウム鋼板巻き ※なるべくベコベコ反らないように厚い鋼板を使用致しました。





外壁の色はオーダー色での発注となりました。

大変、お世話になりました。
作業させて頂きありがとうございました、とても勉強になりました、感謝しかありません。

今は取手市藤代の現場となりますので宜しくお願い致します。


では。

各塗装について

お疲れ様でございます。


今日はお休みの中、作業させて頂き誠にありがとうございました。





雨樋は取り換え工事を行い、内側の鉄分は錆びない様にステンレスを使用致しました。





雨樋がない箇所は4回塗りで仕上げました。



破風の繋ぎ目も酷く割れていたので外壁と同じコーキングを使用して作業を行いました。







軒天塗装:

ベランダ下の軒天はシミがあり、傷んでいたので、グレードを一つあげて2液形のシリコン塗料で作業を行いました。

下塗り材も密着力を考慮し、グレードを上げてパーフェクトシーラーを使用しました。下塗り材では密着力は最高峰だと思います。



タイル調の溝が深く、中々、塗料が塗れません。

ローラーの毛の長さを調整し上下、縦横へと手を動かしながら作業を進めていきました。







外壁塗装は3回塗りは完了し、状態の良くなかった箇所は又、部分的に塗り重ねていきます。





写真だとコーキングと塗料の色が全く違う様に見えますが、反射で色が薄く(明るく)見えているだけで選ばれた色と近いです。

塗布中と塗り終えた乾燥後では色の落ち着き具合も色により、少々明るく見えたり濃く見えたりします。











マク板はサイズを計りオーダーして加工して貰いガルバリウム鋼板で巻く作業を行いました。

マク板の上部の箇所は最後にコーキングをして雨が入らないようにしていきます。

今日も作業させて頂きましてありがとうございました。



外壁塗装工事も、もう少しの所まで、ようやく来ました。


引き続き、よろしくお願いいたします。


では。

下地調整について

お疲れ様でございます。


まず、外壁塗装を行う前に下準備として、やらなければならない作業が幾つかあります。

・ケレン作業 (簡単に言いますと掃除‥)
・年数の経年劣化でサイディングが反ってしまっている為、ドリルで穴を空け(直接ネジを打ってしまうと外壁が割れてしまう為)ボルトで止めて行きます。

・外壁の剥がれている部分のケレン作業

・コーキング打ち変え増し作業
※屋根・破風・霧よけの全てのひび割れ補修作業

となり、この作業が完了した後に、ようやく下塗り作業となっていきます。


コーキングは外壁の色になるべく近づけた製品を使用します。
それはコーキングがひび割れた時に分かりにくくする為です。
オート科学の製品は少し高価ではありますが色のバリエーションも増え、外壁の色に近づける事ができます。

勿論、使用目的は耐久性に優れているからです。

コーキング作業:打ち替え(縦目地)・打ち増し(冊子廻り)

↓↓使用コーキング 詳しくは
https://autochem.co.jp/products/935/







外壁の為には希釈率0%で行きたい所でしたが全面コーキング打ち変え.増し作業をしたので、そこに0%の下塗り材を塗布してしまうとコーキングを伸縮するので、ひび割れてしまうので適度な希釈が望ましてう思います。

下塗りのムラ(下塗り材のムラは大体出てしまいます)は上塗り材で消えるので全く問題ないかと思います。

サイディングの状態が良くなかったので、下塗り材は下地調整をきっちり行えるように通常の下塗り材より一つグレードを上げた水性シリコンエポサーフを使用いたしました。

特長

下地への密着性に優れた、カチオン形のサフェーサーです。

既存の微弾性下地調整材と比較して、優れたシーリング材汚染防止効果を発揮します。

防藻・防かび性により、下地からの藻・かびの発生を抑えます。


このあとに、

外壁の上塗り作業のご説明となります。


大変ご迷惑をおかけしておりますが、今日の作業は上塗り(仕上げ)作業なので天気が不順なため、中止となってしまいます。

よって今週の日曜日は作業となりますので何卒、宜しくお願いいたします。


では。

龍ケ崎市お客様邸より

お疲れ様でございます。


ようやくブログが書けるまで作業が進みました。





足場組み立て作業の次の日から梅雨で雨模様が暫く‥続き、日曜日も作業をさせて頂きまして、大変ご迷惑をおかけしております。




高圧洗浄後。

築20年以上経っているので、中々なコケ・カビ・汚れでしたがトルネードノズルで出来るだけ綺麗に洗浄しました。






薄いグレーの箇所は鉄部なので錆びない様に錆止め塗料を塗布いたしました。




下塗り後。

高圧洗浄後は1日乾燥期間を設け、下塗り作業を行い、速やかに中・上塗り作業を終える事で洗浄後のむき出しになったスレート材を塗料で保護し蘇生へと繋げていきます。

吸い込みが激しい面は複数回塗り重ねて作業を行いました。













上塗り作業後。

上塗り材は日本ペイント社ファインパーフェクトベストを使用し築20年以上、屋根塗装をしていないとの事でしたので、通常の3回塗りでは光沢が弱かったため、+1回塗りの4回塗りで仕上げさせて頂きました。


今日も作業させて頂きありがとうございました。

明日も引き続き宜しくお願い申し上げます。

※足場の台風対策はしておきましたのでご安心下さい。


では。
プロフィール

syokunin

Author:syokunin
スズキのブログへようこそm(_ _)m
茨城県県南を中心に屋根・外壁塗装の.お仕事をさせて頂いております。このブログを通じて私が.どのような人間かを少しでも感じて頂けたらと仕事や日々の日常の事をざっくばらんに書いております。お時間があれば見て下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR