牛久お客様邸より

お疲れ様でございます。


今日もあと少し‥と
いう事まで作業はようやく来ましたが‥
雨に空は覆われてしまい作業は中断せざる終えませんでした.すみません。






屋根笠木部分のガラス上部の箇所は指定して頂いた様にコーキングをしておきました。(変成シリコンではなく塗料を塗布する事はない箇所なのでシリコーン(塗料が乗らないコーキング:コーキングとしての強度では変成より持ちは良いと思います。ケースバイケースではありますが)を使用致しました。)



雨樋が掛かっていない箇所は日陰
がない分.痛みやすいので一回多めに塗布しておきました。





軒天井は下塗り込みの3回塗りで仕上げました。(一般的にはシーラーレス:下塗り不要塗料が主流のような気はしますが下塗りを塗布して中.上塗りと仕上げました。)
塗り際も良く見て頂けたらと思います.大事にしている作業工程なので。



普段は手すりはあまり塗りませんが余りにも劣化していたので塗布しておきました。








前回.水性系の塗料を塗布した場合は着色剤は色ムラが酷くなってしまう時には前回と同じ水性系の塗料で塗り重ねたほうが良い場合もございます。

今回はキシラデコール.コンゾランを使用致しました。
とても良い仕上がりになったと思います。




お客様がお選びになったライトアイボリーですが玄関ドアと色も合っていて清潔感のある仕上がりになったと思います。

足場解体作業は土曜日の午後となりますので宜しくお願い致します。

今日も作業させて頂きまして有り難うございました。


では。
スポンサーサイト

外壁塗装のご説明

お疲れ様でございます。


続きまして、
外壁塗装の上塗り作業のご説明を致します。





オーダー色(色によりますが)の濃い色は.とても難しく良く撹拌しても色が分離しやすいので何回も何回もローラーで均して行く作業が必要となり、またなるべく厚く塗布したいと心がけて作業は致しましたが.それだと塗料が垂れてしまいます。施工のバランスがとても必要となってきます。


今回の塗装はなるべく光沢を出す様に施工致しました。
(色はオーダー色となります)




建物の状態・経済的の問題などで変わってきますが、
私の意見ではありますが出来たら基本的には屋根外壁塗装のメンテナンスは10年前後のサイクルで行うのが理想ではないかとは思います。

が‥

中々色々と難しいかとも思われますが。

今流行りの塗装で長持ち(勿論良いと思いますが)させるのもいいですが.やはり他の箇所が長持ち(例えば:木部.屋根塗装.雨樋.鉄部など)しませんので外壁だけ長持ちしても‥木部.鉄部などは10年も持たずに腐蝕してしまう訳ですから‥と思う訳です。
あくまでも私の個人の意見ですが。

なので、
そう言う事も踏まえて.業者さんは相談してみるのも良いのかなと思います。




完了ではありませんが雨樋はこの様な取り付けとなります。

全体のイメージがしやすい様に写真をアップ致しました。



今日も作業させて頂きまして有り難うございました。
明日も宜しくお願い致します。


では。

屋根塗装のご説明

お疲れ様でございます。


今日も場所によっては朝は雨が降っておりましたが‥
牛久市はなんとか一日持ちこたえてくれたので外壁の上塗り塗装がようやく完了致しました。(とりあえずではありますが。状態が悪い箇所は複数回塗り重ねて行きます。)




昨日.屋根足場(上部)だけ解体したので屋根塗装の完了写真をアップしたいとおもいます。


モニエル瓦は塗り瓦の中では頑丈なイメージはありますが‥やはり一度も屋根塗装をされていない分‥どうしても自然劣化(雨風.紫外線など)で瓦の状態はあまり良いとは言えない状態でした。(ひび割れ.亀裂など)

なるべく良い状態に持って行くのが私のお仕事ですので出来る限りの作業.施工はさせて頂きました。



下塗り.塗布後はなるべく早くに中塗り.上塗りと繋げたかったのですが‥最悪な事に秋雨前線と台風が続き.中々.作業も進まない状態でした。

もう一度下塗りを塗布し(3回塗り重ねたのでスラリー層はでておりません)中.上塗りと塗り重ね良い仕上がりになったとおもいます。







普通の瓦とモニエル瓦の簡単に見分けの方法。

モニエル瓦:
瓦の先(小口)を見て頂きボコボコと凹凸があるのがモニエル瓦となります。

小口が平なのがセメント瓦などがあります。

特殊な瓦なので全て作業~塗料までモニエル瓦塗装専用の‥となっていきます。

モニエ瓦専用の下塗りシーラーを基本的に2回~(今回は3回塗布しております)塗り重ね.モニエル塗装にあった上塗りを塗布する事が大事であります。

※ご注意下さい。


では。

外壁下地調整~下塗り作業

お疲れ様でございます。


続きましてコーキングの作業のご説明となります。


施工前。


まず、カッターで切れ目を入れて旧コーキングを除去していきます。


大体1日で完了するのですが中々旧コーキングが取れず苦戦が続き剥がすのに2人で丸々2日間かかってしまいました。


以前の施工によりバックアップ材が使用していたので場所により剥がしておきました。





今回使用したコーキングはオートンイクシードでした。

使用理由:第一は今回はウレタン(上塗り塗料との密着性を考慮し)を使用したかったのと第二はコーキングの中でもトップクラスを使用したかったと言う事です。

勿論、私が今回の建物に使用したかっただけなので単価は上げずにいつもと同じ単価で作業させて頂いております(それでも金額はあがってしまいますので少しもの気持ちでございます.すみません










下塗りには2液浸透シーラーを塗布いたしました。

乾いた状態での光沢になります。








光沢が出ていると言う事は以前の塗膜に吸い込まずにシーラーが表面に浮上していると言う事なので良い仕上がりだと思います。



屋根上塗り・外壁上塗り作業に続きます。





では。

発表会

こんにちは。


昨日は、
長女.小学生最後の‥次女は後4回ある発表会に初めて参加して来ました。



仕事で中々行けなかったのですが午前中雨が降らなくても午後から雨では作業は行えません。


なので朝は発表会でした。


笑顔が見れました。
笑顔はいつ見ても良いですね。



では。
プロフィール

syokunin

Author:syokunin
スズキのブログへようこそm(_ _)m
茨城県県南を中心に屋根・外壁塗装の.お仕事をさせて頂いております。このブログを通じて私が.どのような人間かを少しでも感じて頂けたらと仕事や日々の日常の事をざっくばらんに書いております。お時間があれば見て下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR