夏だね。

お疲れ様でございます。


昨日.仕事の帰宅中.駐車場から家まで歩いていたら、
カブトムシと遭遇。

子供に見せたら大喜び。



最近は昔と違い森林も少なくなってしまったので野生はあまり見ない気がします。


今日の夜.自然に返します。


カブトムシよ、ありがとう!



では。
スポンサーサイト

よつやく‥

お疲れ様でございます。


ようやく完了となりました。
長期に渡り作業させて頂きまして誠に有り難うございます。





お客様に「ちょうど一年ですね。」‥と。
長期に渡り待って頂いて誠に有り難うございます。
誠にすみません。誠に感謝しております。を形に出来るように作業させて頂きました。

基本的に施工内容はお見積もり以上を心がけてお仕事しており.実行できたかなと自負しており大変嬉しく思います。過信ではなく上からでもなくそう思う位.いつも作業しているので.そう思わない仕事があれば個人的に完了のサインが出ないと言う事なのです。

二転三転.施工が変わってしまい申し訳ありませんでしたがお客様のご理解で私の思った施工に近づけました。有り難うございます。


二転三転のお話を‥少々。

例えば施工直前(高圧洗浄後やケレン後で状況が随分と変わってしまう場合もございます)に.この状態の建物にはとか.この状態の屋根にはとか.この状態の木部にはなど‥っと考えておりますと塗料を変更した方が単純に長持ちするかなと思えば変更します。と状態の悪い箇所は塗り重ねて作業を行います。厚塗り施工の方が良いと判断すれば(今回であれば砂骨ローラーでの作業工程)変更いたします。勿論.最初のお見積もり価格で。

その代わりに私で出来る事と全て任せて頂けたらという事です。


塗装工事はシンプルに時間をかけて丁寧に塗り重ねるが基本なのです。(自他時調整の話は追々させて頂きます)

それ以上もそれ以下もないと思います。






守谷市の足場解体作業は来週になりますので宜しくお願い致します。


取手市のお客様.今日もさせて頂きまして誠に有り難うございました。

明日も宜しくお願い致します。
区切りが付きましたらブログに書き込ませて頂きたいと思います。


では。

昨日の作業について

お疲れ様でございます。


今日は昨日と違い‥どんよりとした雲に覆われて一時的に、
それもコンスタントに今も雨が降っておりまして‥現場仕事は中止となります。

大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。





軒天井はシーラー込み3回塗りで仕上げました。






コーキングはあまり好きな作業の進め方ではありませんが‥(勿論.作業の行い方によります)

流石に塗料などで埋める事は出来ませんし破風板の繋ぎ目の隙間が大きいのでコーキング補修で行いました。




雨樋がない箇所はやはり5回塗りで仕上げました。




こちらは3回塗りで仕上がっていましたが4回塗布しておきました。

基本的に3回塗りで仕上がれば多く塗る必要もありませんが劣化し易い箇所などは複数回塗り重ねるスタイルを貫いておりどんなに忙しくても.そのスタイルは今後もかわりません。

塗装=塗料で塗る箇所を覆い、保護するわけですから状態が悪い箇所は塗り重ねる他ありません。

お時間は掛かってしまいますが‥
それは大変申し訳なく思います。






シーラー後。




施工後。







今回は外壁以外.全て光沢を出す施工で進めさせて頂きました。


窓枠は特に劣化し易い箇所であり.剥がれ・色褪せ・ひび割れなどで目立ち易い場所です。2液シリコン塗料を5回塗布し仕上げました。


残す所‥外壁塗装の手直し・冊子の掃除・クーラーホース巻き・一部.屋根塗装(屋根はカバー施工中です)となりました。

あと1~2日となりますので何卒宜しくお願い致します。



では。

柏市お客様邸より

お疲れ様でございます。

今日は良い天気でしたね。
お仕事の方も.とても捗りました。

しばらくブログが書けなかったですが‥
今日から.またコンスタントに書いて行きますので宜しくお願い致します。



ご近所様には大変ご迷惑をおかけしておりますが.なるべくご迷惑をかけないように心がけて作業を進めていきたいと思います。






軒天はファイン浸透シーラーを下塗りに使用しようとしましたが破風板同様.パーフェクトシーラー(右)を塗布いたしました。

全体的に傷みが激しい為.お見積もり書ではファイン浸透シーラーでしたが食らい付きの良いパーフェクトシーラーに変更しました。
勿論‥追加などはありません。
私のやりたいように作業をさせて頂いているお客様に感謝です。有り難うございます。







白青の缶:ハイポンファインプライマー(左から2番目)(錆止め塗料)雨樋.その他(鉄部)を錆止め塗料を塗布致しました。




以前の施工時にシリコン(塗料を弾いてしまう)を使用した為.このままでは作業を進められません。
よってシリコン箇所に上写真:ペインター20を塗布する事で変成シリコン(塗料を塗れるコーキング)となり塗料が塗れるようになります。

尚.クーラーカバー(今回は塗る事に)はプラスチックなので.そのまま塗ると直ぐに剥がれてしまうので下塗りにニュー密着バインダー(左)を塗布する事で上塗りとの密着が強くなります。

下塗りも様々で色々使い分けて作業を行っていきます。



では。

木部ケレン.仕上げ

お疲れ様でございます。


木部ケレン作業からご報告させて頂きます。

前回の塗料を落とさず.そのまま塗布してしまうと上塗りとの密着が悪くなり耐久性が落ちてしまうのでケレン作業をまずは.しっかり行っていきます。



ケレン作業前 ↓↓↓



ケレン作業後



ケレン作業前。↓↓



ケレン作業後。



~~~~~
ケレン作業の模様




前回の塗料(着色剤)をペーパーやマジックロン.ウエス等を使用して出来るだけ落として行きますが、
築年数も経っていますので必要以上に作業を行うと木部が傷んでしまうので状況わに応じて作業を行いました。



ケレン前。↓↓↓



ケレン後。↓↓↓



着色後。となります。


上塗り作業の工程に続きます。



今日の作業は木部中塗り上塗り(上部)とひび割れ補修箇所のシーラー塗布を致しました。


今日も作業させて頂きまして有り難うございました。


では。
プロフィール

syokunin

Author:syokunin
スズキのブログへようこそm(_ _)m
茨城県県南を中心に屋根・外壁塗装の.お仕事をさせて頂いております。このブログを通じて私が.どのような人間かを少しでも感じて頂けたらと仕事や日々の日常の事をざっくばらんに書いております。お時間があれば見て下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR