FC2ブログ

木部塗装

お疲れ様でございます。


木部は、なるべく弾性系の伸縮性のある塗料がいいかと思われます。

下に軽くご説明が書いてありますのでよろしくお願いいたします。







↓↓下記は鈴木塗装から引用致しました。

木部・破風板・露よけの塗装について

木部は空気を通しやすく、また水分を吸いやすい為、膨張や収縮する特徴があります。
雨で濡れて水分が溜まった乾燥しにくい箇所は年数と共に傷んでしまい最悪の場合は腐食してしまいます。

また伸び縮みで反ってしまう為に繋ぎ目のパテや塗装も剥がれてやすくなってしまいます。

そこで木部塗装を行う事で役割の木部保護と腐食防止で木部全体を守ります。
外壁塗装よりも長持ちしにくい為、短期の塗り替えが必要になります。

当店ではなるべく長持ちさせる為に2液型(簡単に言うと=硬化剤という塗料を固める液体が入る塗料)の塗料を使用することで木部保護の持続を助けします。

また状態が悪い箇所は基本3回塗りですが複数回と塗り重ね塗膜を丈夫な物にすることで耐久力を強化させます。



では。
スポンサーサイト



外壁塗装

お疲れ様でございます。


今日はとても寒い1日でしたね。

明日はもっと寒くなるようで‥
体調管理には皆さまも気をつけて下さいm(__)m





サイディングの劣化がとても酷く次回は張り替えをお勧め致しますが今回は塗り替え工事をお任せ頂いたので出来る限りの施工を心がけて作業致しました。

まず、状態の悪い箇所は下地調整材フィラー200(日本ペイント)を使用し、
下塗り材はパーフェクトサーフ(日本ペイント)となります。

↓↓ご説明を。
特長

窯業系サイディングボードの塗り替えに最適な下塗材です。

下地の隠ぺいにすぐれているので、淡い色から濃い色への変更はもちろん、濃い色から淡い色への変更にも最適です。(抜群のカブリ)

きめが細かいので、上塗りの吸い込みが少なく、仕上がり感にすぐれ、美しい仕上がりが期待できます。

防藻・防かび機能を有しています。

微弾性機能を有しているので、ヘヤクラックへの追従性があります。

~~~

上塗り材は水性塗料のパーフェクトトップ(日本ペイント)を使用致しました。







特長

高作業性
ポリマーハイブリッド効果により、ローラーが軽く、ネタ伸ばしがスムーズに行えます。ローラーネタ含み性および転写性にもすぐれており、隠蔽(カブリ)も良く、飛散がしにくい作業性を有しており、水性で非危険物です。

高耐候性
紫外線による塗膜劣化対策として当社独自の「ラジカル制御」技術により、シリコングレードを超える非常にすぐれた耐久性があります。耐候形1種に相当し、可とう形改修塗材Eの上塗りに最適です。

高光沢
ポリマーが塗膜間の隙間を埋めるため、緻密な塗膜形成が可能となり、すぐれた高光沢を実現できました。また、パーフェクトシリーズ下塗り(パーフェクトフィラー・パーフェクトサーフ・パーフェクトプライマー)との組み合わせによりさらに美しい外観が得られます。ニーズに合わせたしっとりとした落ち着きのある3分つや、つや消しなど、つやの調整も可能です。

防藻・防かび性
防藻・防かび機能を有しています。オプションにより強力防かびも可能です。

低汚染性
親水化技術により、雨だれ汚染から建物を守ります。

水性or溶剤の塗料か1液or2液の塗料は外壁の劣化状態・外壁の種類等で異なってきます。

建物に合った最適の塗料(下塗り~上塗り迄)を選択する事で耐久年数も変わってくると思うのです。

今日も作業させて頂きまして有り難うございました。


では。

守谷市外壁塗装工事より

お疲れ様でございます。

昨日は雨の中での高圧洗浄作業でした。

こんな時の雨は寒くはありますが逆に、ありがたく感じます。

屋根の苔もふやけて取れ易いですしある程度の汚れは雨で流されるので。



明日は屋根下塗り作業からとなります。宜しくお願いいたします。


では。

下地調整材・下塗り材について

お疲れ様でございます。








今回はひび割れ箇所の補修の為、砂骨ローラー4インチの細目(ミドルタイプ)を使用し作業を行いました。

※このローラーを使用する事により下塗りの塗料に厚みをつけられるので、ひび割れ箇所を割れにくくする事ができます。







※左側(白色)は下塗り材となります。


また、下塗り塗布後に、もう一度砂骨ローラーを使用し、なるべく塗布した所を、ぼかしていきます。


○使用した下地調整材ビルガードフィラーjについて

JIS A 6916 セメント系下地調整塗材2種(C-2)に合格しています。


1付着性がすぐれています
カチオン系のため付着性がすぐれており、各種塗膜面、磁器タイル面への適用が可能です。

2取り扱いが容易です
1材形の粉体にカチオン性アクリルエマルションパウダーを配合しており、水と混合するだけで使用できます。

3作業性がすぐれています
こて、ローラー、吹き付け、左官はけのいずれでも施工が可能で、すぐれた作業性を発揮します。

4廃棄物の低減が可能です
従来の2材形と比較し、混和液の容器廃材が発生せず、廃棄物の低減につながります。













こちらの下塗り材は私のオススメ塗料の中の一つですね。

○下塗り材のDANフィラーリフレックスについて

1微弾性
微弾性を示し、従来の微弾性フィラーと比べて長期間、微弾性を維持できます。
↑↑↑
この上記は、とても大事ですねぇ、
一般的には上塗り材(メイン塗料)が長期に渡り耐久年数・耐候性などが、保てますとか何とか‥とてもフューチャーされていますが、
全ての作業において、このような意味合いをしっかり確認した上で塗料を選ばれて使用すると、また良い施工に少しでも近付けるのではないかなと思います。

ですから業者さんに分からないことは良く聞いて見て下さいね、営業の方ではなく職人さんに聞いて見るといいです。

ですからお見積もりから施工まで出来る方の方が話も違って来ないかもしれないですね。※あくまでも個人的な意見となります。


2高中性化抑制
高い中性化抑制能力で、躯体の長寿命化に貢献できます。

3高密着力
強い付着力で下地に密着。各種旧塗膜や上塗り材への密着にすぐれています。
(エポキシ含有特殊反応硬化形樹脂エマルション配合)

4高透湿性
透湿性にすぐれています。また、内部結露やカビの発生、凍害などを抑えることができます。

5高外観
塗膜表面はなめらかできめ細やかなので、上塗りの仕上がりを引き立てます






では。

立地条件

お疲れ様でございます。


今回の施工は、



線路も近いと言う事と築年数の経年劣化のため、全体的にとてもひび割れや腐食箇所が見られました。

※この辺りですと国道6号線の様な大きな道路沿いの建物も大きなトラックなどが頻繁に通っている為、ひび割れなどの影響は出やすいのではないかと思います。


下地調整の内容は、
ケレン(ひび割れ箇所が多すぎる為、サンダーなどでは外壁全体を傷めるので手動で行いました)~コーキング作業(2回)~下地調整材フィラー(2回)~下塗り材(2~3回)~上塗り作業となり、只今、中塗り作業終了後となっております。


今日は朝方の雨で外壁がびしょ濡れなので、1~2日空けて乾燥後、最後の仕上げ塗りとなります。


当たり前の事となりますが、丁寧に作業を行っておりますが、
あくまでもお客様の御理解があっての事だと思っておりますので、とても感謝いたします。


優先順位は、良い施工。
シンプルな考え方ですね、これしかありません。




では。
プロフィール

syokunin

Author:syokunin
スズキのブログへようこそm(_ _)m
茨城県県南を中心に屋根・外壁塗装の.お仕事をさせて頂いております。このブログを通じて私が.どのような人間かを少しでも感じて頂けたらと仕事や日々の日常の事をざっくばらんに書いております。お時間があれば見て下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR