下塗り作業について

お疲れ様でございます。


外壁塗装の下塗りからご説明いたします。



木部塗装が着色剤(キシラデコール)の為.塗料が染み込んでしまっても着色剤なので塗り潰せない為なるべく染み込まないように紙テープを最初に張り次に布地テープを張り二重にテープを張っていきます。


外壁と木部の間は全て隙間が開いている状態でした。

この隙間は塗料と.やむ終えない箇所はコーキングで作業を進めていきました。


下塗り塗料DANフィラーリフレックス


下塗り塗料は生クリームのように少しボテっとしている感じでしょうか。
髪の毛位のひび割れは微弾性フィラーで埋めていきます。













玄関正面側はひび割れも多く(なるべく補修跡を目立たなくするため)目立つ箇所なので2回目塗り重ねておきました。
外壁と木部の間もなるべくコーキングではなく塗料で埋めて行きたいので.このように作業を進めました。



今日は雨で現場作業は中止になりましたがまた明日も宜しくお願い致します。


上塗り作業に続きます。



では。
スポンサーサイト

外壁塗装について

お疲れ様でございます。

今日は風は強いものの非常に温かく春の陽気という位.過ごしやすかったですね。

下塗り作業の模様ですが、
まず.ひび割れなどを微弾性フィラーで埋めて行きます。


水性の為.希釈は水道水になります。
希釈の割合で塗料の重さも勿論.変わって来るので.ひび割れの度合いにより慎重に調整致します。



今回は御見積には有りませんでしたが.ひび割れ酷いのでマスチックローラー(簡単にご説明:厚く塗れるローラー)を使用するか希釈0で2回塗りか迷いました希釈0を選択しました。



作業は正直‥進めにくいですが.ひび割れは何とか埋まり綺麗に収まったので良かったと思います。






ベランダの凹凸箇所とベランダ側でない水道のある外壁面は特に、
ひび割れが酷く塗料の営業の方に相談した所.今回はコーキングせずに二回塗り重ねて下さいとの返答でしたので二回塗り重ねて作業を行いました。

正直‥ノンブリード(コーキング跡が出ないと言われているコーキング)を使用しても場所によっては、
あからさまに出てしまう事もあるので要注意ですね。

※可塑剤については以前のブログで書いてあるので見て頂けたらと思います。


外壁塗装上塗り作業に続きます。


では。

屋根作業につきまして

お疲れ様でございます。


続きまして屋根作業も模様をレポート致します。



まずは鉄部の箇所(上下屋根全て)に錆止め塗料(グレーの部分)を塗布する作業になります。

2液エポキシ系塗料を使用しました。








写真は真ん中辺り(上部)から下塗り塗布後になります。

光沢が出ているので分かりやすいかと思います。






この光沢‥
この下塗りに変えて良かったです。大変.嬉しく思います‥私が。



簡単にご説明いたします。

下塗り材.役割:

下塗り塗料を塗布する事で吸い込み防止の役目を果たします。

吸い込み防止の役目:

吸い込み防止をする事で屋根表面に塗膜が張り次の工程の上塗り塗料が屋根表面に浮上してくる為.上塗り塗料の本来の機能.性能を発揮させる事ができます。

また下塗り(吸い込み防止)が十分でいないと上塗りを塗り重ねても屋根表面に塗料が浮上せず屋根表面の保護率も下がってしまう為.耐久年数にも繋がってきますので要注意ですね。




お見積もり時の下塗り塗料と今回.使用した塗料は変更になっております。
作業を進行していると同時に‥この塗料の方が最良ではと‥思う時は必ず塗料屋さんの営業.又は所長さんなどと話合って変更します。

勿論‥お見積もり時より良い物と変更になりますし、
当然.お客様には主旨をお伝え致します。

‥続きます。


では。

下塗り作業その1。

お疲れ様でございます。


昨日の作業内容の.ご報告を致します。

雨樋・軒天井・破風板・外壁の下塗り作業を行ったのですが、
まずは、



雨樋・破風板:ニュー密着バインダーKを使用。
下塗り材では定評がありケレン作業せずに塗布可である塗料です。
只し‥ケレン作業(汚れ落とし.掃除などはいたします○目粗し(ペーパー類での擦り上塗り塗料との密着を良くする作業)などはいたしません×
それは‥何故か?=単純に傷付くので個人的には雨樋には下塗りを塗布します)


外壁・軒天井につきましては、
種類が窯業系サイディングなのでファイン浸透シーラーを塗布致しました。


凹凸のあるデザインになっている為.上下縦横斜めとローラーを転がしていきます。




詳しくは‥
下記をクリックして見て頂ければと思います。

ファイン浸透シーラー 透明・ホワイト 商品紹介:日本ペイント



あと一つご紹介する下塗りがあるのでその2に続きます。


では。

屋根作業その1。

お疲れ様でございます。


昨日今日の作業内容を.お伝え致します。

まず、屋根の鉄部(白い部分)の錆び止め塗料を塗布し、屋根シーラーを塗り重ねる作業をしました。




白い線の上がシーラー2回目です。




一番.コケやカビが酷かった所なので吸い込みも激しかったですが2回目のシーラーで光沢が出たので吸い込みも防げるかと思います。



下塗りが吸い込んだので色も雨で濡れた色になっております。
昨日は鉄部塗布・屋根下塗り2回塗りで終了でした。



そして今日は下塗りを十分に乾かしたのでタスペーサー挿入作業を午前中に行いました。

このチップを屋根の重ねて口に挿入していきます。(詳しくは当サイトまで)


このような形でタスペーサーを挿入していきます。
上・下屋根、重なり口がペチャンコな為.全て挿入致しました。




午後からはコーキングのカットorテープ張りをして夕方になり終了です。明日は引き続きコーキングの作業を致します。
ここまでは良く出来たと思います。

明日も良い施工ができるように頑張りますので宜しくお願い致します。



では。
プロフィール

syokunin

Author:syokunin
スズキのブログへようこそm(_ _)m
茨城県県南を中心に屋根・外壁塗装の.お仕事をさせて頂いております。このブログを通じて私が.どのような人間かを少しでも感じて頂けたらと仕事や日々の日常の事をざっくばらんに書いております。お時間があれば見て下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR