木部作業。

お疲れ様でございます。


昨日今日と安定しない天候に…現場の作業も中止に(T_T)

木部上塗り後の写真をアップしたいと思います。
弾性機能のある2液シリコン塗料で仕上げました。
それは….水分を非常に吸収し膨張てしまう特徴にあるので伸縮し形が変わります。よって耐久性・耐候性・伸縮性の特徴を捉え2液シリコン塗料を使用しました。

最悪の場合…腐食してしまうので(木部の場合はけして大袈裟ではありません)外壁や屋根部分よりも定期的にチェックしなくてはならない部分かと思われます。




4回塗り~で仕上げております。下塗りを塗り重ねるのか?
上塗りを塗り重ねて仕上げるのかは木部の状態によって変えていきます。





今回は雨樋取り替え工事の作業も行っており.破風板に打ち込んでいる金具の幅を狭めて.より多く打ち込んでいる為.強度も増します。





上の写真のは霧よけという部分で.これを機に覚えて頂ければと思います。中々目で見て分かっていても名前が分からなかったりする箇所です。
これからは建物の箇所も.ご紹介出来たらと思いますので宜しくお願い致します。






では。
スポンサーサイト

木部塗装について。

お疲れ様でございます。



今日も大変、強風で…参りました。今日の作業は霧よけ(鉄部)・窓まわり(木部)の上塗り塗装をしました。



詳しくはサイトから拝借しましたので.お時間があれば読んで下さい。因みにサイトは鈴木塗装ので私が書きました。


木部・破風板・露よけの塗装について
木部は空気を通しやすく、また水分を吸いやすい為、膨張や収縮する特徴があります。
雨で濡れて水分が溜まった乾燥しにくい箇所は年数と共に傷んでしまい最悪の場合は腐食してしまいます。


また伸び縮みで反ってしまう為に繋ぎ目のパテや塗装も剥がれてやすくなってしまいます。
そこで木部塗装を行う事で役割の木部保護と腐食防止で木部全体を守ります。


外壁塗装よりも長持ちしにくい為、短期の塗り替えが必要になります(目安2~3年:捕捉:現在の塗料であればグレード・作業内容により長期に渡り下地を保護する事が出来る事と思います。)


当店ではなるべく長持ちさせる為に2液型(簡単に言うと=硬化剤という塗料を固める液体が入る塗料)の塗料を使用することで木部保護の持続を助けします。木部は収縮する特徴があるので伸縮に対応出来る柔らかい2液型弾性塗料を使用すると更に良いと思います。



また状態が悪い箇所は基本3回塗りですが複数回と塗り重ね塗膜を丈夫な物にすることで耐久力を強化させます。




今回の.お仕事はリピーターの.お客様で築30年です。また長持ちして頂けるよう.明日も頑張ります。



では。

続;取手市K様邸。

木部の塗装です。





DSCF4809_convert_20130309180200.jpg
施工前。

DSCF4813_convert_20130309180533.jpg
下塗り後。(木部用下塗りウレタン使用)

DSCF4837_convert_20130309180953.jpg


DSCF4838_convert_20130309181226.jpg


DSCF4845_convert_20130309181457.jpg
上塗り・日本ペイント・ファインSi




では


プロフィール

Author:syokunin
スズキのブログへようこそm(_ _)m
茨城県県南を中心に屋根・外壁塗装の.お仕事をさせて頂いております。このブログを通じて私が.どのような人間かを少しでも感じて頂けたらと仕事や日々の日常の事をざっくばらんに書いております。お時間があれば見て下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR