FC2ブログ

下地調整について少し。

やはりモルタルやALCは特にひび割れしやすい為、下地調整がいかに大事かがわかります。



良い塗料を使用しても下地処理を怠ってしまうと上塗り塗料の機能を発揮できず耐久・耐候性の寿命年数も短くなってしまう事もあるので工程を、しっかり行う必要があります。





写真はプライマーを塗布しノンブリード・コーキングで調整した後にコーキングの後が、なるべくでないようにモルタルでぼかしました。(色々な施工方法はありますが今回は、このような施工内容です。)
DSCF4041_convert_20120717213801.jpg
100箇所以上、割れがありますのでコーキングの跡も目立ってしまいますので下地調整が大変でした。



DSCF4013_convert_20120717220248.jpg
下地調整の方法は多々あります。(サンダーにて施工中です。)




とにかく丁寧に!がモットーで、お仕事をさせて頂いております。





茨城県南の住宅塗装・塗り替えの際は鈴木塗装まで!宜しくお願い致します。






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syokunin

Author:syokunin
スズキのブログへようこそm(_ _)m
茨城県県南を中心に屋根・外壁塗装の.お仕事をさせて頂いております。このブログを通じて私が.どのような人間かを少しでも感じて頂けたらと仕事や日々の日常の事をざっくばらんに書いております。お時間があれば見て下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR