牛久市お客様邸より

お疲れ様でございます。



報告が遅れてしまい申し訳ございません。

まずは、
高圧洗浄の作業からご説明させて頂きます。




高圧洗浄前。

10年以上経っている屋根の表面は苔やカビ.汚れでかなり覆われておりました。



勿論‥このままでは塗れませんので出来るだけ汚れを落としていきます。

但し‥高圧洗浄の圧力を上げ過ぎると逆に屋根の素材がひび割れたり傷んでしまう恐れもあるので注意しながら作業を行いました。




高圧洗浄後。

高圧洗浄後は必ず乾燥期間を設けてから作業を行います。

ひび割れが多々ありましたのでウレタン系のコーキングで補修しておきました。




↑↑↑の写真は下塗り材です。
補修してから下塗り材を塗り重ねて行きます。




↑↑↑の写真は黄色のラインの上が下塗り1回目となりライン下はまだ塗布しておりません。

屋根下塗り材の役割とは、
少しドロッとしてる為感じで吸い込み防止(吸い込みを防止する事で屋根素材の表面に上塗り塗料が浮上してくるので表面に塗膜が浮上して来ます。
よって屋根表面が塗膜で保護れる形となりますが‥
吸い込み防止の役割をしない下塗り作業ですと屋根素材の中に染み込んでしまう為.上塗りも屋根素材に染み込んでしまう為.保護率が半減されてしまうと言う事です)の塗料となります。

もう一つの役割は上塗り塗料との密着力は力強いものにします。



いつもは鉄部の下塗り(錆止め)を補修と同時に行うのですが天候の都合で屋根下塗りの工程を一番にしました。



2液錆止め塗料を塗布して作業を行いました。





下塗り2回目を終えた写真です。
やはり下塗りでも光沢が出ないと首を傾げてしまいますが‥十分に吸い込み防止の役割が出来ていると思います。


上塗り作業の工程に続きます。



では。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syokunin

Author:syokunin
スズキのブログへようこそm(_ _)m
茨城県県南を中心に屋根・外壁塗装の.お仕事をさせて頂いております。このブログを通じて私が.どのような人間かを少しでも感じて頂けたらと仕事や日々の日常の事をざっくばらんに書いております。お時間があれば見て下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR