下塗り作業について

お疲れ様でございます。


外壁塗装の下塗りからご説明いたします。



木部塗装が着色剤(キシラデコール)の為.塗料が染み込んでしまっても着色剤なので塗り潰せない為なるべく染み込まないように紙テープを最初に張り次に布地テープを張り二重にテープを張っていきます。


外壁と木部の間は全て隙間が開いている状態でした。

この隙間は塗料と.やむ終えない箇所はコーキングで作業を進めていきました。


下塗り塗料DANフィラーリフレックス


下塗り塗料は生クリームのように少しボテっとしている感じでしょうか。
髪の毛位のひび割れは微弾性フィラーで埋めていきます。













玄関正面側はひび割れも多く(なるべく補修跡を目立たなくするため)目立つ箇所なので2回目塗り重ねておきました。
外壁と木部の間もなるべくコーキングではなく塗料で埋めて行きたいので.このように作業を進めました。



今日は雨で現場作業は中止になりましたがまた明日も宜しくお願い致します。


上塗り作業に続きます。



では。

木部仕上げ(上部)

お疲れ様でございます。

木部.仕上げのご報告をさせて頂きます。

ケレン作業で表面に付着している前回の塗膜を削り落とした木部は吸い込みが激しい為.出来るだけ.タップリと着色剤を塗布していきました。


ケレン作業後。






上塗り後。




まずは軒天井の溝(1回目)を刷毛で縁取っていきます。



上写真は2回目の軒天井の縁取り作業の模様になります。


ローラーで塗り重ねて刷毛で塗料の垂れやムラを整えて作業を行いました。


施工前。


施工後。








写真は破風板一回目塗布の模様です。

やはり破風板もケレン作業で表面塗膜を削り落としているので吸い込みが激しく‥塗布前後の差が吸い込みの激しさを表しております。









雨樋のない箇所は雨樋のある箇所と痛み具合が違ます。
雨樋のある箇所は幾らか日陰になるので.これだけで耐久年数が全く違ってきます。

雨樋がない箇所は逃げ場がない為.直射日光の下さい直に受けてしまう為.劣化速度も雨樋がない箇所よりも早まってしまうので耐久年数も短くなってしまうので基本塗り回数より複数回塗布しておきました。


外壁塗装の作業に続きます。


では。

木部ケレン.仕上げ

お疲れ様でございます。


木部ケレン作業からご報告させて頂きます。

前回の塗料を落とさず.そのまま塗布してしまうと上塗りとの密着が悪くなり耐久性が落ちてしまうのでケレン作業をまずは.しっかり行っていきます。



ケレン作業前 ↓↓↓



ケレン作業後



ケレン作業前。↓↓



ケレン作業後。



~~~~~
ケレン作業の模様




前回の塗料(着色剤)をペーパーやマジックロン.ウエス等を使用して出来るだけ落として行きますが、
築年数も経っていますので必要以上に作業を行うと木部が傷んでしまうので状況わに応じて作業を行いました。



ケレン前。↓↓↓



ケレン後。↓↓↓



着色後。となります。


上塗り作業の工程に続きます。



今日の作業は木部中塗り上塗り(上部)とひび割れ補修箇所のシーラー塗布を致しました。


今日も作業させて頂きまして有り難うございました。


では。

作業報告

お疲れ様でございます。

まずは高圧洗浄作業からご報告させて頂きたいと思います。



施工前。




施工後。



カーポートの方も落とせる所までは落として落として置きました。

続きまして、
モルタル(リシン吹き付け柄)の.ひび割れの下地調整の模様です。



一般的な.ひび割れ補修はノンブリードのコーキング作業となると思うのですが(作業もスピーディーに行えますが)‥何年か後にコーキングの跡がノンブリードでも.あかるさまに黒ずんでしまうので.ひび割れ補修作業は大変困難であります。

ひび割れ箇所も大変多く‥モルタル自体も厚くない為.Vカットなどはしても逆に傷んでしまうと判断しフィラーを塗布後にリシン吹きを最初は考えておりましたが、
ひび割れの多さもも去ることながら‥ひび割れの大きさを考慮しまして、
今回はセメントフィラーを2~5回.時間を掛けて塗り重ねて仕上げました。

ひび割れも多く下地調整だけで3日かかりました。セメントフィラー下地調整後はカチオンシーラーを塗布後に弾性塗料のDANフィラーリフレックスを塗布する予定です。

手間が掛かる分.お時間を頂く形にはなりますが出来るだけの作業はさせて頂いております。























100箇所位あったと思います。塗り重ねた箇所は目立ってしまう為.ローラーで最後ぼかして複数回.塗布致しました。



今日の作業は木部のケレン作業も行い終了となりました。今日も作業させて頂き有り難うございました。




では。

木部.雨樋塗装

お疲れ様でございます。

木部の上塗り作業は雨樋が付いていない箇所は複数.塗り重ねる事で厚く塗膜が付くので耐久性=耐久年数にも繋がっていきます。



雨樋は下塗り込みの3回塗りで仕上げました。

2液シリコン仕上げなので下塗りには密着力を強いものにる強溶剤を使用いたします。







霧よけ (鉄部) の下塗りには2液サビ止め塗料を塗布致しました。





裏の二階の破風板の所は腐食しており大きな穴が開いて居るほどです。

上塗りを塗り重ねた後にガルバリウム鋼板を蒔きました。

明日は雨戸の塗装(吹き付け作業)となります。

今日も作業させていただき有り難うございました。



では。
プロフィール

syokunin

Author:syokunin
スズキのブログへようこそm(_ _)m
茨城県県南を中心に屋根・外壁塗装の.お仕事をさせて頂いております。このブログを通じて私が.どのような人間かを少しでも感じて頂けたらと仕事や日々の日常の事をざっくばらんに書いております。お時間があれば見て下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR